子どもたちを対象にした認知症サポーター養成講座が8月28日、嬉野市の久間小であった。5年生約30人が、紙芝居や話し合いを通して、認知症の症状や患者への接し方を考えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加