■大串 和久監督 人口が一番少なく、有田工高エースが社会人として走るなど新たな戦力も加わったが、今年もぎりぎりでの戦いとなる。厳しい陣容だが、何としても最下位脱出を図りたい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加