■天野 一成監督 昨年は順位を二つ上げ敢闘賞を得たが、今年は辛抱の年。主力選手の欠場で戦力ダウンは否めない。ただ、エース級は健在で、久々の復活組や実力のある若手の活躍に期待している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加