ハンセン病への偏見や差別をなくすための啓発パネル展が佐賀県庁の県民ホールで開かれている。熊本の国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の記録写真など30点を展示し、差別の実態や人権回復に向けた歴史を伝えている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加