振り込め詐欺など特殊詐欺犯罪が深刻化している中、武雄署の若手警察官が5日、武雄市山内町の特別養護老人ホーム「そよかぜの杜(もり)」(馬渡芳憲施設長)で利用者ら約35人に防犯寸劇を初披露した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加