<バレンタインデーカクテルは傘さして>黛まどか。「バレンタインの日」は春の季語。これが多くの歳時記に載るようになったのは1990年代以降という。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加