警察庁は13日、一部の高速道路の最高速度を現行の時速100キロから120キロに引き上げるための試行を、東北自動車道の花巻南インターチェンジ(IC)-盛岡南ICと、新東名高速道路の新静岡IC-森掛川ICの2区間で実施すると発表した。最高速度は当面110キロとする。

 開始時期は、約1年半を見込む速度標識の設置が終わり次第で、早ければ2017年度中の可能性もある。試行期間は、季節による影響も見るため、最短でも1年間は必要とする。

 国内最初の高速道路である名神高速が開通した1963年以降、最高速度を引き上げるのは初めて。トラックなどの大型貨物車は対象外で、80キロのままとなる。

 警察庁は今後、事故の発生状況などを検証した上で、ほかの区間や路線へ対象を広げるかどうかを検討。安全が確認できれば最高速度を120キロまで引き上げる。

このエントリーをはてなブックマークに追加