佐賀県監査委員は2日、2014年度の歳入歳出決算などを審査した結果、地方自治法に違反する予算流用や補償費の積算誤りといった「重要指摘」が4件あったと報告した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加