■全容把握の手掛かりに 15日見学会 豊臣秀吉が朝鮮出兵の拠点とした名護屋城(唐津市鎮西町)の「徳川家康陣跡」で、中心部である主郭へ続く虎口(出入り口)とみられる石垣が出土した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加