熊本地震を受け、佐賀県内の公営住宅に身を寄せている被災者は13日現在、2市3町で26世帯61人に上る。ここ3カ月ほど転居の動きはなく、被災地の住宅再建が進んでいない状況がうかがえる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加