■東明館 星子 悠(ほしこ・ゆう)生徒会長。フィリピン台風被害への義援金、発展途上国に古着を送る活動などで先頭に立った。父と同じ整形外科医を目指し、九州の私立医大を志望。「地域医療に貢献する」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加