実りの秋を経て、県内の蔵元では新酒の仕込みが真っ盛りだ。佐賀の酒造りで、大きな役割を担ってきたのが「肥前杜氏(とうじ)」だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加