江北町佐留志の堤雄神社に、宮司の妻橋富春代さん(68)が作ったひな飾りの繭玉(まゆだま)が飾られている。色とりどりのちりめんをあしらった約千個が、社務所の一室に所狭しと並んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加