「地域に奉仕するロータリーでありたい」と話した﨑永剛ガバナー=佐賀市天神の佐賀新聞社

 佐賀県と長崎県を管轄する国際ロータリー第2740地区の崎永剛ガバナー(73)=長崎県長崎市=が12日、佐賀市の佐賀新聞社を訪れた。青少年の国際交流や地域活動への参加を通して「地域に奉仕するロータリーづくりを目指す」と意気込みを語った。

 崎永ガバナーは父が創業した崎永商会(現・崎永海運)に入社し、現在同社の代表取締役会長。1995年に長崎北ロータリークラブに入会した。

 第2740地区は佐賀・長崎の57クラブで構成されており、青少年に視野を広げてもらおうと海外の交換学生との交流や清掃活動など地域のボランティア活動に取り組んでいる。崎永ガバナーは「地域の個性を生かした活動で寄り添っていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加