作家の坂口安吾は太宰治や織田作之助らとともに「無頼派」と呼ばれた。文学史的には戯作の復権を重んじた「新戯作派」と重なるが、いわゆる無頼の作家という意味合いが強い◆終戦直後、評論「堕落論」を発表。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加