■牛津・富永 絵里加(とみなが・えりか)手話部部長として活躍。文化祭で手話を披露したことや特別支援学校との交流が心に残る。西九州短大生活福祉学科に進学する。多久市北多久町。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加