英国映画界の至宝ケン・ローチ監督。一貫して労働者階級の弱き存在に視点を置く映画を撮り続けてきた◆2007年公開の「この自由な世界で」は英国の労働者事情と移民問題をテーマにした作品である。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加