今国会最大の焦点である環太平洋連携協定(TPP)が審議入りした。米国が承認するか不透明さが増す中、日本政府の前のめりの姿勢ばかりが目立つ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加