クリスマスプレゼントを贈ったトヨタ紡織九州レッドトルネードの選手と清光園の子どもたち=佐賀市呉服元町の清光園

 日本ハンドボールリーグのトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)の石黒将之監督と下野隆雄主将ら7人が26日、佐賀市呉服元町の児童養護施設の佐賀清光園を訪れ、子どもたちにクリスマスプレゼントを贈った。

 子どもたちは選手が登場すると、「背が高い」と驚きながら拍手をして迎えた。選手が一人一人にお菓子の詰め合わせを手渡すと、照れながらも「ありがとう」と言って受け取った。2年生の女児(8)は「うれしかった。また来年も来てくれるといいな」と喜んでいた。

 チームが清光園の子どもたちにクリスマスのプレゼントを贈るのは、今年で4回目。この日は、佐賀市金立町の聖華園も訪問した。

このエントリーをはてなブックマークに追加