■「筑紫丸」の機関員 平倉与一さん(88)鹿島市復員船で戦地たどる 戦時中、海軍に徴用された貨客船「筑紫丸」は戦後、外地に残された日本人が引き揚げるための復員船となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加