武雄市の武雄神社で17日、1200年以上続くとされる伝統の神事「歩射祭(びしゃまつり)」があった。2人の射手が邪気を払う矢を的に向かって放ち、無病息災を祈るとともに、この1年の吉凶も占った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加