原発から出る「核のごみ」問題に解決の見通しが立たないまま、再稼働に向けた手続きが進んでいる。そこに国内の科学者を代表する組織である日本学術会議が異議を唱えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加