自然の猛威をまざまざと見せつけられた。記録的な大雨で茨城県の鬼怒川の堤防が決壊し、浸水被害は1万1千棟に及んで多数の行方不明者が出ている。濁流に流された可能性もある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加