普段は入れない有田焼の製造工場を開放する工場マルシェ。参加者が興味深げに工場内を見学した=昨年11月、有田町

 期間中、有田町内の窯元は工場見学会を企画している。普段は立ち入ることができない有田焼の製作現場を見ることができ、新たな角度から焼き物の魅力に触れることができそう。

 22、23日に開かれる「工場マルシェ」は、有田焼の工場を2日間限定で開放する。工場を見学しながらのクイズラリーや、アウトレット品の直売、飲食やゲームコーナーを設ける。問い合わせはアリタポーセリンラボ、電話0955(43)2224。

 今年青花ブランド40周年を迎えたしん窯は11月1日から3日まで、「しん窯青花秋のミニ市」を開く。新作のお披露目をはじめ、ミニコンサートや町内の洋菓子店オーナーパティシェの出前講座も計画している。問い合わせはしん窯、電話0955(43)2215。

 幸楽窯は期間中毎日、工場見学とトレジャーハンティングを開催している(要予約)。工場で有田焼の目利きポイントを学んだ後は、焼き物が詰まったトロ箱が山と積まれた倉庫へ。形も文様も多様な中から、宝探し気分でお気に入りの一品を見つけよう。問い合わせは幸楽窯、電話0955(42)4121。

=重点報道@有田= =わがまち未来形・有田編=

このエントリーをはてなブックマークに追加