福岡市の工務店経営片江俊夫さん(71)が、父の遺品から見つかった旧日本海軍の兵士56人分の写真を、本人や遺族に渡す活動を続けてきた。2006年から始め、うち22人分は遺族らに送った。残り34人分。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加