魚類やエビ、カニなどの漁に影響を与えるシャットネラ赤潮が8月下旬から、佐賀県沖の有明海で発生している。県有明水産振興センターが4日に実施した調査では、発生域が有明海北部の約半分にまで拡大。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加