23日は「秋分の日」です。秋分の日は夏至と冬至の真ん中で、真東から太陽が昇り、真西に沈む暦の一つの節目となる日。秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」として、1948年に制定されました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加