リーグ屈指の攻撃陣に15本のシュートを浴びながらも、鳥栖守備陣が堪え忍んで何とか1点に抑えきった。森下監督は「ピンチでも最後の最後でよくしのいでくれた」とねぎらった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加