■県立名護屋城博物館学芸課主幹 理解深め、活用するために 遺構や遺物など実物を手がかりに歴史を解明する考古学と、仮想復元を可能にしたコンピューターグラフィックス(CG)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加