住民有志らが植えたコスモスと手作りのかかし=神埼市脊振町の岩政倉今地区

 山あいの風景が美しい神埼市脊振町の岩政倉今地区でコスモスが見頃を迎えている。地元の住民有志が植え、今年活躍した「時の人」をテーマに手作りのかかし6体を作成した。鮮やかなオレンジや淡い桃色など色とりどりの花が咲き、かかしとの共演が楽しめる。

 場所は政所地区から倉谷へ続く道沿いで、もともと休耕田だった土地を活用し6月に種をまいた。かかしはリオデジャネイロ五輪で活躍した体操の内村航平選手やメジャー通算3000安打を達成したイチロー選手、広島を訪問したオバマ大統領などをモデルに作成。子どもと手をつなぐ小池百合子都知事という待機児童の課題を描いた風刺に富んだものも登場している。

このエントリーをはてなブックマークに追加