坂東三津五郎(ばんどうみつごろう)さんが初めて歌舞伎の舞台に出たのは1歳2カ月のとき。「踊りの神様」と呼ばれた曽祖父(七代目)に抱かれての初お目見えだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加