生涯現役社会の実現に向けた地域ワークショップが18日午後1時半から、佐賀市のアバンセで開かれる。高年齢者が元気に働く企業の取り組みを紹介し、より良い職場づくりのヒントを探る。参加無料。

 佐賀労働局と高齢・障害・求職者雇用支援機構佐賀支部が主催する。同機構高年齢者雇用アドバイザーの中島啓子さんが講演する。事例発表では、佐賀市の陣内運送社長の陣内正明さんが「高年齢者の経験を活(い)かした新規事業『遺品整理業』への展開」、社会福祉法人凌友会総務部長の坂井義尚さんが「高齢社会の進展による介護人材不足への対応」と題して話す。

 問い合わせは同機構佐賀支部高齢・障害者業務課、電話0952(37)9117(平日)。

このエントリーをはてなブックマークに追加