映画は、屠場(とじょう)で牛の命が絶えるシーンから始まった。最後まで見ることができるのか、思わずひるんだが、杞憂(きゆう)だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加