図書館司書の読み聞かせなどを楽しむ親子連れ=佐賀市の子どもの本屋ピピン

 街を歩き、本の魅力を知ってもらうイベント「BOOKマルシェ佐賀」が15日、佐賀市の中心市街地で始まった。2009年から続くイベントで、初日は本の読み聞かせやトークイベントなどが開かれた。16日まで。

 「子どもの本屋ピピン」であった絵本の読み聞かせには親子約15人が参加。図書館司書の読み聞かせなどを楽しんだ。ピピンのスタッフ江口貴子さん(63)は「イベントを通じて地域の活性化につなげたい。街の中を散策して楽しんでもらえたら」と話した。

 カフェ・ブラッサンスでは宮沢賢治作品の朗読会があり、シアターシエマでは挿絵原画展と福岡在住のヌードルライター山田祐一郎さんのトークショーがあった。

 16日は段ボール1箱分ほどの本を持ち寄る「一箱古本市」(午前10時半)や、各自が紹介した本の中から読みたいものに投票する「ビブリオバトル」(午後3時)などがある。問い合わせはまちづくり機構ユマニテさが、電話0952(22)7340。

このエントリーをはてなブックマークに追加