県重要無形民俗文化財の「三重の獅子舞」が9日、佐賀市諸富町の新北(にきた)神社の秋季大祭で奉納された。太鼓やお囃子(はやし)の音が響き渡る中、赤と青の2頭の獅子が勇壮な舞を披露した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加