「次郎物語」で知られる下村湖人の生誕131年を祝う式典が3日、神埼市千代田町の下村湖人生家で開かれた。関係者約120人が、教育や文学に足跡を残した郷土の偉人をたたえた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加