鹿島市の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)で9月30日、創建当時から300年以上続く伝統行事「抜穂(ぬきほ)祭」があった。早乙女姿になった巫女(みこ)たちが斎田の稲を刈り、秋の実りに感謝した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加