みやき町の千栗(ちりく)八幡宮(東正弘宮司)の秋祭り「放生会(ほうじょうえ)」が13日、神社周辺であった。そろいの法被姿の氏子や白装束の若者ら約40人が練り歩き、五穀豊穣に感謝した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加