ねんりんピック開会式で入場行進する佐賀県選手団=15日、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎

 全国の高齢者がスポーツや文化活動を通じ交流を深める「第29回全国健康福祉祭ながさき大会(ねんりんピック長崎2016)」が15日、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開幕し、常陸宮妃華子さま(76)は開会式のあいさつで「世代や地域を超えて、交流が広がることを期待する」と述べられた。

 各都道府県と20政令指定都市の選手団は、元気よく入場行進。長崎県内の学生ら350人によるマーチングバンドは「WELCOME」などと人文字をつくりながら、故美空ひばりさんのヒット曲「川の流れのように」などを演奏して選手らを迎えた。

 18日までの4日間、長崎県内15市町で、グラウンドゴルフや将棋など26種目が行われる。長崎県などによると、60歳以上の選手や監督ら計約1万人が参加予定。佐賀県選手団125人も参加している。最高齢選手は、青森県代表として囲碁に出場する100歳の男性。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加