私立高の衛生看護科教諭をこの春早期退職した柿木智佐子さんは、放送大学教養学部3年に編入学した。22年の教壇生活と二十数年前の臨床経験を通し、もう一度勉強し直したいという思いがあったからだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加