電気工事の技能を競う「第49回全九州技能競技県大会」が2日、多久市の県立産業技術学院で開かれた。電気工事士の免状を持つ20人が、与えられた課題をもとに制限時間内で電気配線などの設営に取り組んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加