■「収容する場所ない」市は記録残し処分へ■「近代化の生き証人」研究者は保存求める 昭和47(1972)年に閉山した武雄市北方町の西杵炭鉱で使われていた坑内機関車など大型機械の遺物が、近く処分される見…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加