生活保護費の支給引き下げは憲法が保障する生存権を侵害するとして、佐賀県内の受給者が佐賀市などに取り消しを求めた訴訟で、新たに佐賀市と鳥栖市の9人が7日までに、佐賀地裁に追加提訴した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加