1936(昭和11年)に起きた「二・二六事件」に関与した小城市出身の陸軍将校中島莞爾(かんじ)少尉の絶筆の書の展示が24日、小城市歴史資料館で始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加