今月末に任期満了で退任する佐賀大学の佛淵孝夫学長が15日、会見を開き、新学部設置や美術館建設などに取り組んだ6年間を「時代が後に評価することだが、現時点ではベストの選択だった」と振り返った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加