合同開会式で選手宣誓する右から馬場佳菜子、下川政國、大塚せつ子の3選手=佐賀市の県総合体育館

 ○…佐賀市の県総合体育館大競技場では、県体と「第15回県障害者スポーツ大会」「さがねんりんぴっく2016」の合同開会式が開かれた。

 20市町の選手団が入場行進し、佐賀市大和町の「大和太鼓保存会」が歓迎のアトラクションを披露。山口祥義知事が「盛り上げる人、支える人、みんなでスポーツを楽しめる佐賀県をつくっていきたい。みなさんも頑張ってください」と選手を激励した。

 県体の馬場佳菜子選手(卓球)、障害者スポーツ大会の下川政國選手(スポーツ吹き矢)、ねんりんぴっくの大塚せつ子選手(太極拳)が「多くの人にスポーツの魅力を伝えながら、楽しくプレーします」と宣誓。馬場選手(佐賀市)は「男女とも優勝目指して頑張りたい」と意気込みを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加