自民党で来年1月の衆院解散へ「待望論」が広がりつつある。衆院小選挙区定数の「0増6減」が見込まれる県に多くの現職を抱え、来年夏以降とされる区割り改定後は候補者調整の難航が避けられないためだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加