唐津市肥前町の駄竹(だぢく)漁港で、カタクチイワシの稚魚を乾燥させた「ちりめんじゃこ」づくりが始まった。真っ白にゆであがった稚魚が漁港一帯で天日干しにされ、秋の日差しにきらめいている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加