野生鳥獣の保護繁殖のため県は7日、鳥栖市などの鳥獣保護区計5カ所で国鳥「ニホンキジ」200羽を放した。若鳥たちが勢いよく箱から飛び出し、秋晴れの空に甲高い鳴き声を響かせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加