佐賀県議会の中倉政義議長は8日、環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意で農業関係者ら県民に不安が広がっているとして、山口祥義知事に的確な情報収集と提供を求め、しっかりした対策を講じていくよう要請した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加